〜適応障害を克服するために〜たまごどうふの体調記録日記

たまご豆腐の体調記録日記〜適応障害を克服するために〜

適応障害で休職中の新入社員が綴るブログ

適応障害になって落ち込んでばかりだったけどやさぐれるようになった。

こんにちは。適応障害でたまご豆腐です。退職することになりました。

今日はやさぐれモードなので、言葉遣いが少々悪いです。

読む方は注意してください。

 

f:id:tamago-dofu:20171110134449j:plain

やさぐれモードです 

最近、やさぐれモードになることがあります。

とか。

Twitterで連投してしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも本当にそう思ってるんですよね。私まじめじゃないんですよ、全然。

ただ人の目ばっかり気にしてて自滅しただけの人間なんです。

 

治るの遅すぎません?

それと、入社してたった4ヶ月で適応障害になったのに、治るの遅すぎませんか。

ストレッサーのもとで長く我慢していたなら長引くのも分かるんですけど、4ヶ月ですよ。

そろそろ休職期間と同じになりますよ。

もしかしたら、仕事以外にも要因があったのかもしれませんが…休職したせいでどんどんこじらせてしまっているのではないかと思ってしまいます。

休職してると時間がありますよね。そうすると考えなくていいことまでウジウジ考え込んでるような気がするんです。それが良くないんじゃないかなって。

 

出不精に拍車がかかってる

外出も全然できなくなっているのも、外に出る必要がないから行けなくなってるだけなんじゃないかなって。

病気に出る前から元々出不精だったんですよね。昔から友達の誘いとかでも、直前になって行きたくないなーとか思うことが多々ありました。

でもさすがに行かないと色々まずいなって思って、だるいと思いながらも行っていました。行ったら行ったで楽しいことも多かったし。

今は、もうほんっとどこにも行けてない。彼とのデートも家族とのお出かけも近場ばっかり。電車乗るのも疲れるし。家でぐーたらしてるから体力落ちてるんでしょう。

病気のせいなのかもしれませんが、出不精に拍車がかかってる自分が本当クソだと思います。

同じ病気の人はできる範囲で外に出ようとしたり、目標立てて頑張ったりしてるのになー。

周りの人たちが無理しなくていいよって言うからそれに甘えちゃってる部分は少なからずあると思います。

 

転職活動も進められない 

一度、転職活動の面接の時に体が動かなくなっちゃってマジで無理だって思ってキャンセルしたんですけど、

それも、もしかしたら休職直前の時のように、会社を休んでも大丈夫ってことを体と頭が覚えちゃってるから行けなくなってるんじゃないか?って思ってしまいます。 

上のツイートにも書きましたが、転職活動を本格的に進めていないのも、まわりの人の優しさに甘えてるだけなんじゃないかとも思うわけですよ。

「病気を治してゆっくり休んでからのほうがいいよ」とか「無理しないでいいんだよ」とか。医師にも「面接はもう少し先でいいんじゃないんですか」って言われちゃったし。

焦る気持ちも大きいですが、もう少し休んでいいんだって安心する気持ちも少なからずどこかにあったはず。

戸塚ヨットスクールとまではいかなくても、どっかで私の甘さを変えない限り病気が治らない気がしちゃいます。

永平寺に修行行こうかな?マラソン走り込み?無理だな吐きそう

色々考えてばっかで結局何も行動できてない自分がホントクズすぎてつらいですわ。

 

 逃げ癖をどうにかしないと

tamagodofu.hatenablog.com

 

広告を非表示にする